IBS Japan logo 
IBS Japan 内検索 help



Interop Toolworks 1.5
マイクロソフト推奨 ユーティリティ&ライブラリ for MS SFU 3.5


お知らせ
この製品は2004年11月30日でアイ・ビー・エス・ジャパンでの販売を終了いたしました。


Interop Toolworks 1.6
Desktop-Xマイクロソフト推奨
Xサーバ
for MS SFU 3.5
Desktop-X」も
販売しております。

InteropSystems


ユーザーフォーラム



Interop Toolworksは、UNIX Tools Community から無償にてダウンロード可能なオープンソースツールのパッケージを一括収録したCDディストリビューションです。大きなファイルのダウンロードができない、正しいインストール先ディレクトリがわからない方、四半期毎に最新のCDが欲しい方にお勧めです。

Interop Toolworks CDには右に記されたパッケージが収録されています。一度に全てのパッケージをインストールしたり、以下のオプションから選択することもできます。

  1. 全てインストール (./install)
  2. ソフトウェア開発用ツールのみインストール (./install-swd)
  3. ユーザプログラムのみインストール (./install-up)

このCDを実行するための条件は、Microsoft SFU 3.5が予めインストールされている事だけです。インストールはCDから実行されるのでpkgシステムがインストールされている必要はありません。このようなコマンドラインで実行します:
cd/dev/fs/D (CDドライブ)
./install
詳細はREADME.txtとLICENSEファイル内にあります。

Interop Toolworksインストーラは全てを正しいディレクトリに置き、SFU 3.5ですぐに利用できます。いくつかのパッケージにはSFU上で便利な改善がされています。例えばSSHでは、インストール時にクライアントキーファイルが自動的に作成されSSHサーバを開始し、startupスクリプトが追加されるので、マシンをリブートする際にSSHサーバが立ち上がるようになっています。また、多くのパッケージでは /etcのshell startupスクリプトに必要な変数環境が追加されます。これによって予め必要な変更が適切に行われるようになっています。

全てのパッケージはまた、簡単にアンインストールが行えます。特定のパッケージのみアンインストールしたい場合には pkg_delete にて行う事ができます。全てのパッケージをアンインストールしたい場合はCDからアンインストール (./uninstall) を実行します。他のパッケージと依存関係にあるパッケージをアンインストールしようとすると、警告が出てアンインストールできません。アンインストールが完了するとshell startupスクリプトファイル内の変更を含む全てが削除されます。設定ファイルを変更している場合は、重要なデータを含む可能性を考えその場所にそのまま残します。

Interop Toolworksがインストールされたマシンでは、"/Tools"からいつでも各パッケージのアップデートを行う事ができます。これでユーティリティやライブラリに対して最新のバグフィックスなどが行われます。また、最新の更新と追加を含むCDを年に4回受け取る事ができる年間サブスクリプションもあります。このサブスクリプションでは、次のCDが届く前に起こったセキュリティ上の弱点などの通知メールを受け取ります。

含まれるパッケージ
apache (aka Apache 1; web server)
atk (GNOME Accessibility Toolkit)
autoconf (produce configure scripts)
automake (makefile generator)
awk (awk update)
bash (shell)
bdes (encoding)
biff (mail notification setting)
bison (gnu's yacc)
bzip2 (compression)
caesar (cyphers)
catman (man generator)
cbrowser (graphical UI for cscope)
chcase (change case)
colrm (remove columns in text file)
cpio (copy files to/from archives)
cscope (examine a C program)
curl (URL data transfer tool & library)
cvs (CVS utilities; version control system)
ddd (a GUI to gdb)
env* (a set of packages for setting environment variables)
electricfence (a bounds checker)
expect (programmed dialogue with interactive programs)
flex (an alternate version of lex)
fontconfig (for font drawing)
from (list who the mail is from)
ftp (file transfer)
fvwm (X11 manager)
gdbm (GNU's dbm library)
getopt (getopt for shell scripts)
gettext (for message catalogs)
gimp (an image editor)
gimpprint (gimp print library)
glib (a library of C routines)
gmake (gnu's make)
gnupg (gnu's privacy suite)
groff (text formatter)
gsoap (SOAP code generator)
GTK+ (a graphic library)
gzip (compression update)
httpd (aka Apache 2)
install (install locally built programs)
jpeg (JPEG utilities and library API's)
lc (list categories; an useful alternate to ls)
libart (2-D graphic library)
libcrypt (cryptographic API's)
libedit (line editing library for applications)
libexpat (XML parser library)
libfreetype (library for font manipulation)
libiconv (unicode conversion library)
libncurses (update to curses)
libpng (PNG graphics library)
libxpm (X11 Pix Map library)
libxml2 (XML library)
lynx (a character based http/html browser)
lzo (a compression library based on speed)
m4_gnu (GNU version of m4)
md5 (message digest checksum)
mesg (control message display)
nedit (an X11-based editor)
openssh (remote secure login; client and server)
openssl (secure socket library)
pango (graphic library)
pax (update with extentions)
php (a programming language)
pine (mail client)
pkg (packing tools)
pkgconfig (gathers information about installed libraries)
plotutils (plotting utilities)
python (a programming language)
qt (source code portability libraries)
rcp (update fixes '-p' and allows larger files)
rcs (update revision control system)
readline (read lines in with editing)
realpath (display real path)
render (rendering extensions)
rev (reverse lines of a file)
rsync (incremental file transfer)
stat (display file status)
sudo (execute command as another user)
tcl (a programming language)
tcsh (shell)
texinfo (documentation system)
tiff (TIFF file manipulation library)
tk (graphical interface)
trek (space game)
units (to convert different system units)
unixpath2win (convert pathname syntax)
vim (a 'vi'-like editor)
vtcl (development environment for Tcl/Tk)
wall (write messges to all users)
wget (get files from the web)
which (display whcih commadn to be run)
write (write message to a user)
xft (for fonts)
xgalaga (an X11 space game)
xrender (X rendering extensions)
xxgdb (X11 front-end to gdb)
zlib (compression library)
zsh (the Z shell)

 





Tool Warehouse:
オープンソースのUNIXツールをMicrosoft Windows Services for UNIXのInterix環境に移植したものを集めました。このWarehouseは、Interop Systemsスタッフ、マイクロソフト開発者やISVからの移植スペシャリストのなどから寄せられたソフトウェアの無料ダウンロードサイトです。

ユーザーフォーラム
Interop ToolworksやTool Warehouseのツールに関するご質問やご意見を交換する場所です。ユーザの皆様で自由にご活用ください。


Interop Systemsが運営する英語版 unix tools community はこちら

本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
since 03/22/04
プライバシーポリシー
更新日: