IBS Japan logo
IBS Japan 内検索 help
KVMスイッチとは
FAQ良くある質問集
KVMスイッチとは、1セット(または複数台)のキーボード、マウス、モニタから、複数台のCPUに自由にアクセスしたり、切り替えや制御を実現するための装置です。KVMスイッチを使用すると、1人のユーザが何台ものコンピュータにひとつの場所からアクセス・コントロールすることが可能になります。

マルチユーザ(複数ユーザ)対応のものやマルチプラットフォーム対応のものなど、多種多様なスイッチがあります。

また、KVMスイッチに延長スイッチを接続すると、例えば隣のオフィスなど見えないところにある離れたCPUにアクセスしたり、コントロールを行うことが可能になりますので、KVMスイッチのアプリケーションが更に広がります。
KVMスイッチの特徴とメリット
スペースの有効活用:キーボード・モニタ・マウスを共用できますのでオフィスやコンピュータルーム等の貴重なスペースを無駄にしません
設備投資の節約複数台のCPU使用にもかかわらず、1対のキーボード・モニタ・マウスのみ必要となりますので、何台もの高価なモニタや周辺機器が節約できます。
時間節約一箇所から複数のCPUに一度にアクセスできますので、オフィス内を移動することなく、労働時間を無駄にしません。


これが...
 ⇒ 

ンピュータの電源投入後、システムブートアップ時にKVMスイッチからCPUに対し てエミュレーションシグナルが送信されるのでキーボードエラーによるCPUのロックが防止され、コンピューターをスムーズに立ち上げることができます。
最新モデルでは、拡張モジュールやユニットの組み合わせにより、最大3048台のPC/MAC/SUN等の混在したCPUにアクセス・制御するフレキシブルな拡張性。
画面上にポップアップされるオンスクリーンディスプレイの採用による大幅な操作性の向上を実現。
アプリケーションに合わせ2台切換えから最大3048台切換えまで、柔軟な選択が可能です。
KVMスイッチのアプリケーション

*SOHO(Small Office Home Office) *ネットワークサーバールーム
*エンジニアリング・ラボ *データセンター
*ソフト開発デスク *ヘルプデスク
*その他複数台のコンピュータを使用するアプリケーション

最適なKVMスイッチの選択
ご使用になっているコンピュータの種類を選択することにより、最適なKVMスイッチを選択できます。

HOME|会社概要|取扱商品|サポート|お問合せ|販売代理店
本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
プライバシーポリシー
更新日: