IBS Japan logo
IBS Japan 内検索 help
1ポート 
同期RS422/485カード
MPAP-200/300
PCカード Type II 
⇒その他のQuatech製品
RS232C
モバイルコンピューティング用同期RS422/485カード
ノートブックPCに、Bisync、HDLC及びSDLCといった同期RS422/485シリアルポートを増設します。4.0Mbpsまでのデータ転送スピード(クリスタルのアップグレード必要)をサポートしています(ただし、付属のSyncDriveは600Kbpsまでの転送速度までをサポートしています。それ以上の高速転送には、外付けFIFOをEnableするユーザ独自のドライバー開発が必要となりますので、ご購入前に必ず弊社営業部までお問い合わせください)

Bisync、HDLC、SDLCの同期RS422または485シリアル通信を可能にします。
MPAP-200/300はZilog 85230互換のSCCコントローラを使用。SCCは非同期プロトコル及びバイトベースのIBM Bysinc同期プロトコルやビットベースのHDLC、SDLCといった同期プロトコルをサポートしています。ポートは、RS422(100Ωリジスタ接続)またはRS485(60Ωリジスタ接続)としてプログラム可能です。
4Mbpsまでのデータ転送
通常2.45Mbpsのデータ転送率を、クリスタルアップグレードすることにより4Mbpsまでの高速転送を可能にします。(ただし、付属のSyncDriveは600Kbpsまでの転送速度までをサポートしています。それ以上の高速転送には、外付けFIFOをEnableするユーザ独自のドライバー開発が必要となりますので、ご購入前に必ず弊社営業部までお問い合わせください)
MPAP-200/300は、通常0.6、1.2、2.4、4.8、9.6、19.2、38.4、57.6Kbpsのデータ転送が可能です。2.45Mbpsまでの高速データ転送も、ケーブル及びインタラプトのレスポンスタイムにより可能です。
DB25シールド付コネクタ付属
DTEデバイスとして設定可能
MPAP-200/300はRS232D標準のDTE(Data Terminal Equipment)として設定することができます。ただし、MPAP-200/300は標準非同期シリアルポートコネクタのピン結線を使用していませんので、市販のヌルモデムケーブルは使用できませんので、ご注意ください。
1024-Byteの送信・受信FIFO
PCMCIA2.1標準では、DMA(Direct Memory Access)をサポートしていませんので、MPAP-200/300はインタラプトでドライブされる通信のみをサポートしています。MPAP-200/300では、DMA不在の代わりに、1024バイトの送信・受信FIFOを搭載しています。FIFOをエネーブルすることにより、データをSCCから、またSCCへ大きなブロックで移動することができますので、高速データスループットを実現し、インタラプトにかかる負担を低減しています。
ボーレートジェレネータやDPLL機能
SCCコントローラはオンチップボーレートジェネレータやデジタルフェーズロックループ(DPLL)機能を提供しています。
サポートOS:Windows 2000/XP/2003 Server、Windows 95/98/Me及びOS/2
SyncDrive及びSyncDrive Plus(W2000/XP)付
製品仕様
モデルナンバー MPAP-200/300
インターフェイス 16-bit PCカードインターフェイス Type II PCMCIAカード標準2.1準拠
コントローラ 85230互換16-MHz SCC
シリアル通信 同期RS-422またはRS485 Monosync, Bisync, HDLC, SDLCをサポート
ポート数 1
転送スピード 通常2.45Mbps
**クリスタルアップグレードにより、最大4Mbpsまでのデータ転送が可能です。詳細は弊社営業部までお問い合わせください。
FIFO 1024-byte transmit and receive FIFOs
コネクタ DTEインターフェイス DB25オス ケーブル脱着可能
Pin 1: Chassis ground
Pin 2: Transmit Data+
Pin 3: Receive Data+
Pin 4: Request To Send +
Pin 5: Clear To Send +
Pin 6: Data Set Ready +
Pin 7: Signal Ground
Pin 8: Carrier Detect +
Pin 9: Receive Clock In -
Pin 10: Carrier Detect -
Pin 11: Receive Clock Out -
Pin 12: Transmit Clock In -
Pin 13: Clear to Send - Pin 14: Transmit Data -
Pin 15: Transmit Clock In-
Pin 16: Receive Data-
Pin 17: Receive Clock In +
Pin 19: Request To Send-
Pin 20: Data Terminal Ready+
Pin 21: Sync In (RS-422)
Pin 22: Data Set Ready-
Pin 23: Data Terminal Ready-
Pin 24: Transmit Clock Out +
Pin 25: Chassis Ground
電源供給 +5V、30mA(平均)
サポートしているOS Windows 2000/XP/2003 Server: SyncDrive Plus
(HDLC/SDLCプロトコルフレームレベルドライバ)

Windows 95/98/Me及びOS/2: SyncDrive
(HDLC/SDLC ビット同期フレームレベルドライバ及び
Monosync/Bisync (バイト同期)プロトコル)
同梱ソフト SyncDrive / SyncDrive Plus 同期シリアル通信用ドライバ
認定 FCC Class B、CE
HOME|会社概要|取扱商品|サポート|お問合せ|販売代理店
本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
muséa、GFORT、sigmarionはNTTドコモの商標または登録商標です。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
プライバシーポリシー
更新日: