IBS Japan logo 
IBS Japan 内検索 help



PrinterCE デベロッパーガイド
ライブラリ名:PrinterCE
DLL名:PrEngineCE.dll
コントロール名:PrEngineCE.PrinterCE

PrinterCE ActiveX コントロールは、WindowsCE ソフトウェア開発者に、WindowsCE Studio で開発される eVB、eVC (MFC/CEとC/C++) アプリケーションにプリント機能を追加するツールを提供します。PrinterCE コントロールには PrEngineCE.dll 内に 3 つのコントロールが別々に含まれています。

PrinterCE:テキスト、イメージ、描画オブジェクト(線、長方形など)やその他を印刷するためのメインコントロール
AsciiCE2:純粋 ASCII テキストを ASCII プリンタに印刷するためのコントロール
PrintDC:C/C++/MFC開発者が既存のWindowsアプリケーションをインポートする際に標準のWindows印刷プロセスをエミュレートします。
BarcodeCE
(追加料金でサポート):
PrinterCEツールキットに12種類以上のバーコードタイプを追加するオプションコントロール



PrinterCEの方法とプロパティ
About

この読み込み専用プロパティはPrinterCE/AsciiCE/BarcodeCEのバージョンを示す文字列を返します。

MFC Syntax: Cstring str =PrinterCE1.GetAbout();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_About(BSTR* str);
eVB Syntax: str=PrinterCE1.About

戻り値
このバージョンのPrinterCEを説明する文字列 - WinCEプラットフォーム(PocketPC、HPC/Pro、PsPC)、プロセッサタイプおよびバージョン情報を含む。この文字列はMsgBox()内で使われ、情報を表示します。

Capabilities

この読み込み専用プロパティは現行のコントロール内のすべての機能を認識するビット値を返します。


MFC Syntax: long bitvals =PrinterCE1.GetCapabilities();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_Capabilities(long * bitvals);
eVB Syntax: bitvals = PrinterCE1.Capabilities

戻り値
現行のコントロールの機能を認識するビット値

定数

設定

説明

CAPS_STD

01h

PrinterCE 標準機能

CAPS_PLUS

02h

PrinterCE SDK

CAPS_ASCII

04h

AsciiCE

CAPS_BARCODE

08h

BarcodeCE

CAPS_ASCII2

10h

AsciiCE2

CAPS_PRINTDC

20h

PrintDC


ConvertCoord

ScaleModeシステムから他のシステムに値を変換します。


MFC Syntax: float toval=PrinterCE1.ConvertCoord(float fromval, long fromscale, long toscale);
C++ Syntax: PrinterCE1.ConvertCoord(float fromval, long fromscale, long toscale,float* toval);
eVB Syntax: toval = PrinterCE1.DrawConvertCoord fromval, fromscale, toscalee

パラメータ
fromval - 変換したい値
fromscale - 変換前の ScaleMode
toscale - 変換後の ScaleMode

戻り値
toval - 変換された値

例:
1.25インチをプリンター解像度に変換するには:
PrResVal=PrCE1.ConvertCoord(1.25,vbInches,vbPixels)


DrawCircle

ページ内に円または楕円を印刷します。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawCircle(float x, float y,float rad, VARIANT* color, VARIANT* aspect);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawCircle(float x, float y,float rad, VARIANT* color, VARIANT* aspect);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawCircle x, y, [color], [aspect]

パラメータ
x - 円の中心からのx座標
y - 円の中心からのy座標
radius - 円の直径
color(オプション)- 円の外線のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。
aspect(オプション)- 円の率。初期値は1.0で円を描きます。他の値を選ぶと楕円を描きます(その他の楕円の描き方はDrawEllipseを参照してください)。

追記:
オブジェクトのScaleModeプロパティで使用される単位を決定します。オブジェクトのFillColorとFillStyleプロパティは円の中を塗る色を決定します。DrawWidthプロパティは円を描く線の太さを決定します。

DrawEllipse

ページに楕円を印刷します。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawEllipse(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawEllipse(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawEllipse x1, y1, x2, y2, [color]

パラメータ
x1, y1, x2, y2 - 必須。これらの値は長方形(x1、y1)をひとつの角とし、(x2、y2)をもう一方の角として定義付けます。定義された長方形にぴったりと合う楕円が描かれます。
color(オプション) - 楕円の外線のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。

追記:
オブジェクトのScaleModeプロパティは、使用される単位を決定します。オブジェクトのFillColorとFillStyleプロパティは円がどのように埋められるかを決定します。DrawWidthプロパティは円を描く線の太さを決定します。

DrawLine

フォーム上に線および長方形を描きます。


MFC Syntax: PrinterCE1.DrawLine(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color, VARIANT* boxfill);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawLine(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color, VARIANT* boxfill);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawLine x1, y1, x2, y2, [color], [boxfill]

パラメータ
x1, y1 - 線または長方形の開始座標
x2, y2 - 線または長方形の終了座標
color(オプション)- 線のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。
boxfill(オプション)- 無視(またはNULL)した場合は、線が描かれます。if = vbLineBoxを使うと、長方形のもう一方の角を決定する座標を使って長方形が書かれます。vbLineBoxFillは長方形が描かれた同じ色を使って長方形の中を塗ります(長方形の別の描き方は、DrawRectとDrawRoundedRectを参照してください)。

追記:
DrawWidthプロパティは線の太さを決定します。ScaleModeプロパティは使用される単位を決定します。

DrawPicture

ページ上に.bmpまたは.jpgファイルを印刷します。


MFC Syntax: PrinterCE1.DrawPicture(LPCTSTR picture,float x,float y,VARIANT* width,VARIANT* height,VARIANT* keepaspect);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawPicture(BSTR picture,float x,float y,VARIANT* width,VARIANT* height,VARIANT* keepaspect);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawPicture picture, x, y, [width], [height], [keepaspect]

パラメータ
picture:描かれるイメージのパスとファイル名
x,y : イメージが描かれる座標位置(ScaleModeで指定された単位)。初期値は、x、yはイメージ位置の左上。JustifyHoriz/JustifyVertを使って、中央または右下に変更できます。
width(オプション):イメージの幅を決定します。無視または値を0にすると、実際のイメージの幅が適用されます。
height(オプション):イメージの高さを決定します。無視または値を0にすると、実際のイメージの高さが適用されます。
keepaspect :

説明

TRUE (1)

率(元のイメージの幅と高さの率はそのまま。「幅」x「高さ」で決定されるエリアに合わせてイメージサイズが変更されます。

FALSE (0)

イメージは「幅」x「高さ」に合わせて拡大、縮小されます。

2

実際のイメージの幅と高さを"width"と"height"の値として返します。イメージは描かれません。ScaleModeで幅と高さの単位を指定してください。x、y、width、heightの入力値は、イメージ幅と高さを決定し返すときには使用されません。


追記:
幅または高さがマイナスの値の場合、DrawPictureは縦軸(幅がマイナス値の場合)または横軸(高さがマイナス値の場合)でミラーイメージを描きます。

DrawPoint

ページ上に点を描きます。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawPoint(float x, float y,VARIANT* color);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawPoint(float x, float y,VARIANT* color);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawPoint x, y, [color]

パラメータ
x,y : 点が描かれる座標位置(ScaleModeで指定された単位)。初期値は、x、yはイメージ位置の左上。JustifyHoriz/JustifyVertを使って、中央または右下に変更できます。
color(オプション)- 点のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。

追記:
DrawWidthプロパティの設定で、点のサイズを決定します。


DrawRect

ページ上に長方形を描きます。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawRect(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawRect(float x1, float y1, float x2, float y2, VARIANT* color);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawRect x1, y1, x2, y2, [color]

パラメータ
x1, y1, x2, y2 - これらの値は長方形(x1、y1)をひとつの角とし、(x2、y2)をもう一方の角として定義付けます。
color(オプション)- 長方形の外線のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。

追記:
ScaleModeプロパティで単位を決定します。オブジェクトのFillColorとFillStyleプロパティは長方形がどのように埋められるかを決定します。DrawWidthプロパティは長方形を描く線の太さを決定します。

DrawRoundedRect

ページ上に角の丸い長方形を描きます。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawRoundedRect(float x1, float y1, float x2, float y2, float cornerwidth, float cornerheight, VARIANT* color);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawRoundedRect(float x1, float y1, float x2, float y2, float cornerwidth, float cornerheight, VARIANT* color);
eVB Syntax: PrinterCE1. DrawRoundedRect x1,y1,x2,y2,cornerwidth,cornerheight, [color]

パラメータ
x1, y1, x2, y2 - これらの値は長方形(x1、y1)をひとつの角とし、(x2、y2)をもう一方の角として定義付けます。
cornerwidth,cornerheight - 角のカーブの幅と高さを決定します。
color(オプション)- 長方形の外線のRGB色。無視(またはNULL)した場合は、ForeColor値が使われます。

追記:
ScaleModeプロパティで単位を決定します。オブジェクトのFillColorとFillStyleプロパティは長方形がどのように埋められるかを決定します。DrawWidthプロパティは長方形を描く線の太さを決定します。

DrawText

ページ上にテキストを描きます。

MFC Syntax: PrinterCE1.DrawText(LPSTSTR str, VARIANT* x VARIANT* y, VARIANT* count);
C++ Syntax: PrinterCE1.DrawText(BSTR str, VARIANT* x VARIANT* y, VARIANT* count);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawText string, [x], [y], [count]


パラメータ

string - 描かれる文字列
x, y - オプション。文字描画の調整。指定しないかNULL値を入力した場合、文字列は本来の(TextX、TextY)調整で描かれます。
count - オプション。印刷する文字列内の文字数。指定しないかNULL値を入力した場合、行内全ての文字が描かれます。

追記:
PrinterCE コントロールのフォントプロパティはテキストの外観を決定します。前景色プロパティはテキストの色を決定します。テキストを描いた後に、次のDrawTextコマンドが新しい行に印刷されるようTextX、 TextY は更新されます。JustifyHoriz、JustifyVert、そしてRotationプロパティは全てページ上でどのように、またはどこにテキストが実際に描かれるかを設定します。

DrawWidth

このプロパティはグラフィックメソッドから出力するための直線の幅を返したり設定したりします。

MFC Syntax: float size =PrinterCE1.GetDrawWidth();
     PrinterCE1.SetDrawWidth(float size);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_DrawWidth(float * size);
     PrinterCE1.put_DrawWidth(float size);
eVB Syntax: PrinterCE1.DrawWidth [=size]


パラメータ

size - ScalModeの現行の線幅の値。例えば、ScaleModeがインチで設定されている場合、0.1というサイズはインチの1/10の線幅を選択します。0のサイズは線幅を1ピクセルに設定します。

EndDoc

このメソッドは現行のページを印刷し、印刷プロパティをデフォルトに戻します。

MFC Syntax: PrinterCE1.EndDoc();
C++ Syntax: PrinterCE1.EndDoc();
eVB Syntax: PrinterCE1.EndDoc

追記:
現行のページを印刷し全てのプロパティをデフォルト設定にリセットします。

FillColor

このプロパティはグラフィックメソッド内を塗りつぶすのに使う色を返したり設定したりします。: DrawRect, DrawRoundedRect, DrawCircle そして DrawEllipse に対して。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFillColor();
     PrinterCE1.SetFillColor(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FillColor(long * value);
     PrinterCE1.put_FillColor(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FillColor [=value]


パラメータ

value - 塗りつぶし色を決定する標準 RGB カラー値。FillColor のデフォルト は 0 (黒) です。

追記:
FillStyleプロパティが透明(デフォルト)に設定されている場合、FillColor設定は無視されます。通常のRGBカラーで有効な範囲は0から 16,777,215(&HFFFFFF)です。この範囲より大きなバイト数を指定すると0とみなされます。最初の3バイト(最小から意味を持つ最大のバイト数)で赤、緑、そして青を各々決定します。赤、緑、そして青の構成は0から255(&HFF)までの数値で表現されます。

FillStyle

このプロパティはグラフィックスメソッドで書込むのに使用する様式を返したり設定したりします。: DrawRect, DrawRoundedRect, DrawCircle そして DrawEllipse.

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFillStyle();
     PrinterCE1.SetFillStyle(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FillStyle(long * value);
     PrinterCE1.put_FillStyle(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FillStyle [=value]

パラメータ

value - 書込みスタイルを指定する整数。以下の表に数値と設定を記します。

定数

設定

解説

picFSSolid

0

塗りつぶし

picFSTransparent

1 (デフォルト)

透明



追記:
FillStyle プロパティが透明に設定されると、FillColor 設定は無視されます。

FontBold

このプロパティでは太字フォント書体を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontBold();
     PrinterCE1.SetFontBold(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontBold(long * value);
     PrinterCE1.put_FontBold(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontBold [=value]

パラメータ

value - フォント書体を指定するブーリアン(Boolean:True/False)。ブーリアンとして設定できるのは以下の通りです。
True - 太字フォーマットをオンにし、False - 太字フォーマットをオフにします。

追記:
"current font settings" をBold(太字)かNormal(標準)に設定します。詳細の設定はFontBoldValプロパティをご覧ください。


FontBoldVal


このプロパティは太字フォント書体を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontBoldVal();
     PrinterCE1.SetFontBoldVal(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontBoldVal(long * value);
     PrinterCE1.put_FontBoldVal(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontBoldVal [=value]


パラメータ

value - 0から1000までのフォント幅を設定する整数値。標準重量設定は400で標準太さは700です。

追記:
重量を選択するには"current font settings"で設定します。

FontItalic

このプロパティは斜体フォント書体を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontItalic();
     PrinterCE1.SetFontItalic(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontItalic(long * value);
     PrinterCE1.put_FontItalic(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontItalic [=value]


パラメータ

value - フォント書体を指定するブーリアン(Boolean:True/False)。以下にブーリアン設定を記します。:
True - その書体のフォーマットをオンにし、False - その書体のフォーマットをオフにします(デフォルト)。

追記:
これらのフォントプロパティはテキストをフォーマットするのに使います。

FontName

このプロパティは文字を印刷するのに使用するフォントを返したり設定したりします。
※ FontName では現在は日本語フォントをサポートしておりません。将来のサポート希望項目に追加されていますが、具体的なサポート時期は未定となっております。

MFC Syntax: Cstring font =PrinterCE1.GetFontName();
     PrinterCE1.SetFontName(LPCTSTR font);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontName(BSTR* font);
     PrinterCE1.put_FontName(BSTR font);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontName [=font]


パラメータ

font - 使用するフォント名を指定する文字列。

FontSize

このプロパティは印刷に使用されるフォントサイズを返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontSize();
     PrinterCE1.SetFontSize(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontSize(long * value);
     PrinterCE1.put_FontSize(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontSize [=value]


パラメータ

value - 使用するフォントサイズをポイントで指定する数値。

追記:
FontSizeの最大値は2,160ポイントです。最小値は4ポイントです。

FontStrikethru

このプロパティは取消し線を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontStrikethru();
     PrinterCE1.SetFontStrikethru(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontStrikethru(long * value);
     PrinterCE1.put_FontStrikethru(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontStrikethru [=value]


パラメータ

value - フォント書体を指定するブーリアン(Boolean:True/False)。以下にブーリアン設定を記します。:
True - 取消し線フォーマットをオンにします。False - 取消し線フォーマットをオフにします(デフォルト)。

FontUnderline

このプロパティは下線フォント書体を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetFontUnderline();
     PrinterCE1.SetFontUnderline(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_FontUnderline(long * value);
     PrinterCE1.put_FontUnderline(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.FontUnderline [=value]


パラメータ

value - フォント書体を指定するブーリアン(Boolean:True/False)。以下にブーリアン設定を記します。:
True - 下線フォーマットをオンにします。False - 下線フォーマットをオフにします(デフォルト)。

ForeColor

このプロパティはテキスト印刷に使用する前景色を返したり指定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetForeColor();
     PrinterCE1.SetForeColor(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_ForeColor(long * value);
     PrinterCE1.put_ForeColor(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.ForeColor [=value]


パラメータ

value - RGBカラー値。デフォルトの色は黒になっています。

追記:
通常のRGBカラーで有効な範囲は0から16,777,215(&HFFFFFF)です。この範囲より大きなバイト数を指定すると0とみなされます。最初の3バイト(最小から意味を持つ最大のバイト数)で赤、緑、そして青を各々決定します。赤、緑、そして青の構成は0から255(&HFF)までの数値で表現されます。

GetStringHeight

読み込み専用プロパティ - (ScaleMode 単位内で)与えられた文字列の高さを返します。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetGetStringHeight(LPCTSTR string);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_GetStringHeight(BSTR string, float* value);
eVB Syntax: value=PrinterCE1.GetStringHeight(string)


パラメータ

string - 文字列

戻り値
value - ScaleMode 単位内で現在選択されているフォントに対する文字列の高さを返します。

GetStringWidth

読み込み専用プロパティ - (ScaleMode単位内で)与えられた文字列の幅を返します。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetGetStringWidth(LPCTSTR string);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_GetStringWidth(BSTR string, float* value);
eVB Syntax: value=PrinterCE1.GetStringWidth(string)


パラメータ

string - 文字列

戻り値
value - ScaleMode 単位内で現在選択されているフォントに対する文字列の幅を返します。

GetVersion

読み込み専用プロパティ - PrinterCEのバージョンをあらわす整数値を返します。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetGetVersion();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_GetVersion(long * value);
eVB Syntax: value = PrinterCE1.GetVersion

戻り値
value - バージョンを示す整数 = (メジャー * 1000) + マイナー
例 : バージョン 1.3の場合1300という値を返します。

Init

このメソッドはそのアプリケーションが印刷機能を使うライセンスを持っているか確認するためPrinterCE(または AsciiCE)のレジストリID文字列を登録します。

MFC Syntax: long retval=PrinterCE1.Init(LPCTSTR regidstring);
C++ Syntax: PrinterCE1.Init(BSTR regidstring,long *retval);
eVB Syntax: retval=PrinterCE1.Init regidstring


パラメータ

regidstring - PrinterCEライセンス購入時に提供された登録ID文字列。これはどのバージョンのPrinterCEか区別し、また全ての動作機能のライセンを許可します。
retval - ブーリアン(Boolean:True/False)の戻り値。登録に成功すればTrue、そうでなければFalseを返します。

追記:
もしInit()が呼ばれなかったり、成功しなかった場合、登録は シングル使用ライセンスで登録したのかを見ます。もしそうでなかった場合は評価版(30日の期限)としての印刷を続ける事が許されます。

IsColor

この読み込み専用プロパティは現在選択されているプリンタがカラープリント可能ならTRUEを返します。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetIsColor();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_IsColor(long * value);
eVB Syntax: value = PrinterCE1.IsColor

戻り値
value - ブーリアン(Boolean:True/False) - プリンタとプリンタドライバ両方がカラー印刷可能ならTRUE。

JustifyHoriz

このプロパティは以下のDrawTextとDrawImageメソッドの水平調節を決定する値を戻したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetJustifyHoriz();
     PrinterCE1.SetJustifyHoriz(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_JustifyHoriz(long * value);
     PrinterCE1.put_JustifyHoriz(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.JustifyHoriz [=value]


パラメータ

value - テキストとイメージの水平調節を指定する整数値。以下の表に設定と数値を示します。

定数

設定

説明

vbLeftJustify

0 (デフォルト)

TextX はテキスト/イメージの左

vbRightJustify

1

TextX はテキスト/イメージの右

vbCenter

2

TextX はテキスト/イメージの中央




JustifyVert

このプロパティは以下のDrawText と DrawImage メソッドの垂直調節を決定する値を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetJustifyVert();
     PrinterCE1.SetJustifyVert(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_JustifyVert(long * value);
     PrinterCE1.put_JustifyVert(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.JustifyVert [=value]


パラメータ

value - テキストとイメージの垂直調節を指定する整数値。以下の表に設定と数値を示します。

定数

設定

説明

vbTopJustify

0 (デフォルト)

TextY はテキスト/イメージの上

vbBottomJustify

1

TextY はテキスト/イメージの下

vbCenter

2

TextY はテキスト/イメージの中央




KillDoc

このメソッドは全ての印刷コマンドをクリアし、印刷プロパティをデフォルトにリセットします。

MFC Syntax: PrinterCE1.KillDoc();
C++ Syntax: PrinterCE1.KillDoc();
eVB Syntax: PrinterCE1.KillDoc

追記:
現行の(まだ印刷されていない)ページは消去され、全てのプロパティをデフォルト設定にリセットします。

NewPage

このメソッドは現行のページを印刷します。

MFC Syntax: PrinterCE1.NewPage();
C++ Syntax: PrinterCE1.NewPage();
eVB Syntax: PrinterCE1.NewPage

追記:
現行のページを印刷します。TextX、TextY以外の全てのプロパティは変化しないで残ります。

PgIndentLeft

このプロパティは水平印刷の開始箇所でページの左余白からのインデントを返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetPgIndentLeft();
     PrinterCE1.SetPgIndentLeft(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PgIndentLeft(long * value);
     PrinterCE1.put_PgIndentLeft(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PgIndentLeft [=value]


パラメータ

value - 余白距離を指定する数値。値はプリンタ解像度ドットです。

注意: SelectPrinter()またはSetupPrinter()の後にプリンタ解像度を決定する場合、以下のようにしてください。:
PrinterResolution = PrinterCE1.ConvertCoord(1,vbInches, vbPixels)

追記:
PgIndentLeftとPgIndentTop設定は1ページ印刷中に複数回呼ばれることができます。全ての連続描画メソッドは新しい設定を使用します。(ただし優先の描画メソッドは別。) 簡単にアイテムの複数行 と/または 複数列を印刷する場合にこの技術を使用します。

PgIndentTop

このプロパティは垂直印刷の開始箇所でページの上余白からのインデントを返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value =PrinterCE1.GetPgIndentTop();
     PrinterCE1.SetPgIndentTop(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PgIndentTop(long * value);
     PrinterCE1.put_PgIndentTop(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PgIndentTop [=value]


パラメータ

余白距離を指定する数値。値はプリンタ解像度ドットです。

注意 : SelectPrinter()またはSetupPrinter()の後にプリンタ解像度を決定する場合、以下のようにしてください。:
PrinterResolution = PrinterCE1.ConvertCoord(1,vbInches, vbPixels)

追記:
PgIndentLeftとPgIndentTop設定は1ページ印刷中に複数回呼ばれることができます。全ての連続描画メソッドは新しい設定を使用します。(ただし優先の描画メソッドは別。)簡単にアイテムの複数行 と/または 複数列を印刷する場合にこの技術を使用します。

PrBottomMargin

このプロパティは印刷ページの下余白を返したり設定したりします。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetPrBottomMargin();
     PrinterCE1.SetPrBottomMargin(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrBottomMargin(float * value);
     PrinterCE1.put_PrBottomMargin(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PrBottomMargin [=value]


パラメータ

value - 余白距離を指定する数値。この値は ScaleMode 単位内になります。デフォルトはプリンタの余白値のデフォルトになります。

PrDialogBox

このメソッドは "印刷プロセス中" ダイアログボックス(ユーザーが印刷作業をキャンセルできる画面)アクションを操作します。

MFC Syntax: long retval=PrinterCE1.PrDialogBox(long operation);
C++ Syntax: PrinterCE1. PrDialogBox(long operation,long* retval);
eVB Syntax: retval=PrinterCE1. PrDialogBox operation


パラメータ

operation - 以下の値のいずれか 1 つ:

定数

設定

説明

vbDlgBoxDebugOn

-1

印刷中 PrinterCE の内部モードについての詳細を示すために "印刷プロセス中" ダイアログボックスを表示する。 
(デフォルトではオフ).

vbDlgBoxDebugOff

-2

デバッグモードをオフにします。. 

vbDlgBoxUp

0

"印刷プロセス中" ダイアログボックスを表示する。

vbDlgBoxDown

1

ダイアログボックスを降ろす。

vbDlgBoxDisable

2

ダイアログボックスが使われないようにします。

vbDlgBoxStatus

3

印刷作業のスティタスを表示します。

vbDlgBoxUserCancel

4

ユーザーが印刷作業をキャンセルすると True を返します。

vbDlgBoxAbortError

5

エラーが印刷作業を中断すると True を返します。



戻り値
retval - 作業の現行のスティタス(下の表参照)。ユーザーがキャンセルしたりAbortErrorがない限り、現行のプリンタダイアログボックス(vbDlgUp など)のスティタスを返します。

追記:
デフォルトでは、"印刷プロセス中"ダイアログボックスは(Select Printer、Draw Objectなどの)PrinterCEページ作業に対するVBによる最初のコールと共に表示されます。このダイアログボックスはEndDocまたはKillDocで印刷ジョブを完了するまで残ります。 PrDialogBox(vbDlgDisable)をコールするとPrinterCEがダイアログボックスを表示しません。(そしてユーザーはキャンセルする事ができません。)

このダイアログで表示される文字や使われる言語を変更する為にはPrDialogBoxText()をご覧ください。

PrDialogBoxText

このメソッドは"印刷プロセス中"ダイアログボックスで使用される文字や言語を変更します。

MFC Syntax: PrinterCE1.PrDialogBoxText(LPCTSTR MainStr,LPCTSTR TitleStr,LPCTSTR CancelBtnStr);
C++ Syntax: PrinterCE1. PrDialogBoxText(BSTR MainStr,BSTR TitleStr,BSTR CancelBtnStr);
eVB Syntax: PrinterCE1. PrDialogBoxText MainStr,TitleStr,CancelBtnStr


パラメータ

MainStr - "印刷プロセス中"ダイアログボックスの主なテキスト部分の文字列。
TitleStr - "印刷プロセス中"ダイアログボックスのタイトル部分の文字列。
CancelBtnStr - "印刷プロセス中"ダイアログボックスのキャンセルボタン部分の文字列。

追記:
このダイアログボックスのテキストはダイアログボックスが既に表示されていればいつでも変更でき、再表示されます。ダイアログボックスが表示されていない場合、PrDialogBox()が呼ばれるまで、またはPrinterCEが自動的に表示するまで保持します。

PrLeftMargin

このプロパティは印刷されるページの左余白を返したり設定したりします。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetPrLeftMargin();
     PrinterCE1.SetPrLeftMargin(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrLeftMargin(float * value);
     PrinterCE1.put_PrLeftMargin(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PrLeftMargin [=value]


パラメータ

value - 余白距離を指定する数値。この値は ScaleMode 単位内になります。デフォルトはプリンタの余白値のデフォルトになります。

PrRightMargin

このプロパティは印刷されるページの右余白を返したり設定したりします。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetPrRightMargin();
     PrinterCE1.SetPrRightMargin(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrRightMargin(float * value);
     PrinterCE1.put_PrRightMargin(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PrRightMargin [=value]


パラメータ

value - 余白距離を指定する数値。この値はScaleMode単位内になります。デフォルトはプリンタの余白値のデフォルトになります。

PrSetDefaults

このメソッドはプリンタ操作で全てのプリンタ指定値をプリンタデフォルトにリセットします。
MFC Syntax: PrinterCE1.PrSetDefaults();
C++ Syntax: PrinterCE1.PrSetDefaults();
eVB Syntax: PrinterCE1.PrSetDefaults

PrTopMargin

このプロパティは印刷されるページの上余白を返したり設定したりします。

MFC Syntax: float value=PrinterCE1.GetPrTopMargin();
     PrinterCE1.SetPrTopMargin(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrTopMargin(float * value);
     PrinterCE1.put_PrTopMargin(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PrTopMargin [=value]


パラメータ

value - 余白距離を指定する数値。この値はScaleMode単位内になります。デフォルトはプリンタの余白値のデフォルトになります。

PrOrientation

このプロパティは印刷されるページの用紙方向(縦または横)を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetPrOrientation();
     PrinterCE1.SetPrOrientation(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrOrientation(long * value);
     PrinterCE1.put_PrOrientation(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1. PrOrientation [=value]


パラメータ

value - 方向 : vb Portrait = 1, vb Landscape = 2

定数

設定

説明

vbPortrait

1 (デフォルト)

標準用紙方向

vbLandscape

2

用紙方向を横に回転




PrPaperSelection

このプロパティは印刷される用紙選択を返したり設定したりします。: レターサイズまたは A4

MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetPrPaperSelection();
     PrinterCE1.SetPrPaperSelection(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrPaperSelection(long * value);
     PrinterCE1.put_PrPaperSelection(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1. PrPaperSelection [=value]


パラメータ

value - レターサイズ = 1, A4 = 2 - 注意 : デフォルトはプリンタのデフォルト設定になる。

定数

設定

説明

vbLetter

レターサイズ用紙

vbA4

2

A4 用紙




PrPgHeight

読み込み専用プロパティ - ページの印刷可能エリアの現行の(上下余白を引いた後の)高さを返します。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetPrPgHeight();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrPgHeight(float * value);
eVB Syntax: value = PrinterCE1.PrPgHeight

戻り値
value - 現行の ScaleMode 単位内のページ高さの数値。

PrPgWidth

読み込み専用プロパティ - ページの印刷可能エリアの現行の(左右余白を引いた後の)幅を返します。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetPrPgWidth();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrPgWidth(float * value);
eVB Syntax: value = PrinterCE1.PrPgWidth


パラメータ

value - 現行のScaleMode単位内のページ幅の数値

PrPrintQuality

このプロパティは高品質かドラフトモード印刷かを戻したり設定したりします。

MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetPrPrintQuality();
     PrinterCE1.SetPrPrintQuality(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_PrPrintQuality(long * value);
     PrinterCE1.put_PrPrintQuality(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.PrPrintQuality [=value]


パラメータ

value - 質: 高品質 = 1, ドラフト= 2

定数

設定

説明

vbHigh

1 (デフォルト)

高品質印刷 

vbDraft

2

ドラフト品質印刷




Rotation

このプロパティは連続文字やイメージ描画コマンドの回転値を返したり設定したりします。
MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetRotation();
     PrinterCE1.SetRotation(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_Rotation(long * value);
     PrinterCE1.put_Rotation(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1. Rotation [=value]


パラメータ

value - 4つの使用可能な回転を指定する整数。

定数

設定

説明

vbNorth

0 (デフォルト)

0 度の回転

vbEast

1

時計回りに 90 度の回転

vbSouth

2

180 度の回転

vbWest

3

時計回りに 270 度の回転




追記:

イメージやテキストは同一ページでの90度の回転や混合で自由に印刷されます。例えば、デフォルト回転のvbNorth(0 度の回転)で文字列を印刷でき、180度の回転メソッドを呼ぶと上下逆に文字列を印刷します。

この回転の最も巧妙なのはページ上で文字列やイメージがどのように位置するかを頭の中の想像を得られる点です。もし、textXとtextYの使用を正当化する左上位置の正当化設定がある場合、それが回転設定に基づいた文字列やイメージを正当化するのに使われます。

ScaleMode

このプロパティは印刷オブジェクトのコーディネートの測定単位を返したり設定したりします。

MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetScaleMode();
     PrinterCE1.SetScaleMode(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_ScaleMode(long * value);
     PrinterCE1.put_ScaleMode(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.ScaleMode [=value]


パラメータ

value - 測定の単位を指定する整数。以下の表に設定値を示します。

定数

設定

説明

vbTwips

1 (デフォルト)

Twip (1 インチ = 1,440 twips, 1cm = 567 twips)

vbPoints

2

ポイント (論理 1 インチ = 72 ポイント)

vbPixels

3

ピクセル (プリンタ解像度の最小単位)

vbInches

5

インチ

vbMillimeters

6

ミリメートル

vbCentimeters

7

センチメートル




SelectPrinter

このメソッドは印刷に使用するプリンタとプリンタオプションをユーザーが選択するのに使用するプリンタダイアログボックスを表示します。

MFC Syntax: PrinterCE1.SelectPrinter();
C++ Syntax: PrinterCE1.SelectPrinter();
eVB Syntax: PrinterCE1.SelectPrinter

追記:
もし SelectPrinter が呼ばれなければ、デフォルトのプリンタと設定が使われます。

SetErrorLevel

この書込み専用プロパティは PrinterCE から戻ったエラーのエラーレベルを設定します。
MFC Syntax: PrinterCE1.SetSetErrorLevel(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.put_SetErrorLevel(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.SetErrorLevel =value


パラメータ

value - 4 つのエラーレベルを指定する整数。

定数

設定

説明

vbErrLevelNone

0 (デフォルト)

何のエラーも戻らない。過程を見るには StatusCheck を使う。

vbErrLevelAll

1

全てのエラーが戻る

vbErrLevelTask

2

現行の処理を矯正終了する、または印刷ジョブが返ってきたエラーのみ

vbErrLevelJob

3

プリンタジョブが返された矯正終了エラーのみ




追記:
PrinterCEを使用する間にVBプログラムが取れるアプローチは2つあります。1つ目はPrinterCEメソッドやプロパティを呼ぶSubやFunctionのそれぞれにおいて"On Error"スティトメントを設定し、PrinterCE内でエラーが発生した時にその原因を決定する為に"On Error"ハンドラを使用する事です。2つ目のアプローチはエラーが起こったかどうか決定するために必要に応じてStatusCheckを呼ぶ事です。

PrinterCE内でエラーが起こると、エラーの厳しさが決定され、PrinterCEは適切にこれを記憶します。従って、例えばプリンタエラーが発生ると、全ての印刷処理が終了され、PrinterCEへの全てのコールは終了して処理が素早くされる事を記憶します。しかしながら、エラーが"DrawPicture"メソッドからの"イメージファイルが見つかりません"だった場合、処理中のDrawPictureタスクは終了されますが、残りの印刷ジョブは継続します。

この構造はPrinterCEを使用するVBプログラムで完全にエラーを無視する点でも(ユーザーにとってはStatusCheckコールをして必要なエラーダイアログボックスを表示した方が親切ですが)エラー操作へのアプローチをより使いやすくします。

C++やMFCベースのアプリケーションは何かのエラーかユーザーアクションが印刷を停止するAsciiCEを起こすかどうか決定するStatusCheck()メソッドを使用できます。エラーまたはユーザーのキャンセルを見つけるとAsciiCEは印刷の試みを停止するので、StatusCheck()はアプリケーションが活動の拡張期に入っていく時にだけ呼ばれる必要があります。

SetReportLevel

この書込み専用プロパティはPrinterCEから戻ったエラーのレベルを設定します。

MFC Syntax: PrinterCE1.SetSetReportLevel(long value);
C++ Syntax: PrinterCE1.put_SetReportLevel(long value);
eVB Syntax: PrinterCE1.SetReportLevel =value


パラメータ

value - 4 つのエラーレベルを指定する整数。

定数

設定

説明

vbReportErrors

0
(デフォルト)

全てのエラーは MsgBox() エラーレポート経由で PrEngineCE からユーザーへ報告されます。 

vbNoReportErrors

1

PrEngineCE からはエラーは報告されません。エラーを報告するかはアプリケーションによります。

vbReportSeriousErrors

2

ユーザキャンセルは報告されません。全てのエラーは報告されます。

vbNoReportErrorsSkipCancel

3

PrEngineCE からは何のエラーも報告されません。ユーザーがキャンセルを押した場合は、「キャンセルしますか?」の確認も出ません。




追記:
PrinterCEを使用する間にVBプログラムが取れるアプローチは2つあります。1つ目はPrinterCEメソッドやプロパティを呼ぶSubやFunctionのそれぞれにおいて"On Error"スティトメントを設定し、PrinterCE内でエラーが発生した時にその原因を決定する為に"On Error"ハンドラを使用する事です。2つ目のアプローチはエラーが起こったかどうか決定するために必要に応じてStatusCheckを呼ぶ事です。

PrinterCE内でエラーが起こると、エラーの厳しさが決定され、PrinterCEは適切にこれを記憶します。従って、例えばプリンタエラーが発生ると、全ての印刷処理が終了され、PrinterCEへの全てのコールは終了して処理が素早くされる事を記憶します。しかしながら、エラーが "DraPicture"メソッドからの"イメージファイルが見つかりません"だった場合、処理中のDrawPictureタスクは終了されますが、残りの印刷ジョブは継続します。

この構造はPrinterCEを使用するVBプログラムで完全にエラーを無視する点でも(ユーザーにとってはStatusCheckコールをして必要なエラーダイアログボックスを表示した方が親切ですが)エラー操作へのアプローチをより使いやすくします。

SetupNetPath

注意 : 全てのSetupNetPathコールは必ずSetupPrinter()コール以前に呼ばれなくてはなりません。

このメソッドはネットワークパス(Port=PORT_NETPATHまたはPORT_IP稼動か)を設定します。 PORT_NETPATHは、PCにUNCパスを送り共有プリンタの名前をつけるだけです。(以下参照) PORT_IPは、SetupNetPathに2つのコール - 1つは次のSetupNetPathがIPアドレスを持つ事を明示するためNetID文字列"+1"を送り、IPアドレスと共に再度コールします(例参照)。

MFC Syntax: long success=PrinterCE1.SetupNetPath(lBSTR NetString);
C++ Syntax: PrinterCE1.SetupNetPath(BSTR NetString, long* success);
eVB Syntax: success=PrinterCE1.SetupNetPath NetString


パラメータ

success - 成功ならTrue、そうでなければFalseを返します。
NetString - NetID文字列(表参照)かネットワークパス文字列。特定のネットワーク文字列を設定するにはSetupNetPathに対して2つのコールが必要です。まず、SetupNetPathへの以下のコール内で見つかるネットワーク文字列を見分ける為にSetupNetPathは下記の表から NetID文字列のひとつを呼び渡されます。それから実際のネットワークID文字列が送られます。

NetID 文字列

説明

+1

ネットワーク IP プリンタ アドレス

SetupNetPath への次のコールはネットワーク IP プリンタの IP アドレス(例:192.168.0.1)を識別する文字列を渡します。




例えば、"HP995"と名付けられたネットワークプリンタの接続された"JoesPC"をホストPCに指定するeVBアプリケーション:

PrinterCE1.SetupNetPath "\\JoesPC\HP995"
'Now select printer type and network port type
PrinterCE1.SetupPrinter PR_HP_PCL, PORT_NETPATH, S_DONTCARE

ネットワーク IP プリンタを使用する場合、以下のように使用します。

PrinterCE1.SetupNetPath "+1" 'Set Network IP printer addr
PrinterCE1.SetupNetPath "192.168.0.20"
'Now select printer type and network port type
PrinterCE1.SetupPrinter PR_HP_PCL, PORT_IP, S_DONTCARE

SetupPrinter

このメソッドは主なプリンタ設定を設定します。

MFC Syntax: long success=PrinterCE1.SetupPrinter(long Printer,long Port, long Baudrate);
C++ Syntax: PrinterCE1.SetupPrinter(long Printer,long Port, long Baudrate,long* success);
eVB Syntax: success=PrinterCE1.SetupPrinter Printer, Port, Baudrate


パラメータ

success - 成功ならTrue を、そうでなればFalseを戻します。
Printer - 以下の中から1つのプリンタ選択:

定数

説明

PR_CANONBJ

0

Canon BubbleJet 互換プリンタ (360 dpi)

PR_CITIZEN_PD04

1

Citizen PD-04

PR_CITIZEN_PN60

2

Citizen PN60i

PR_EPSON_ESCP2

3

Epson ESC/P 2 互換プリンタ

PR_EPSON_STYLUS

4

Epson Stylus 互換プリンタ

PR_HP_PCL

5

HP PCL 互換 - DeskJet と LaserJet を含む

PR_PENTAX_200

6

Pentax PocketJet 200

PR_PENTAX_300

7

Pentax PocketJet II

PR_SEIKO3445

8

Seiko DPU-3445

PR_GENERIC24_180

9

一般 Epson 互換 180DPI 24-pin プリンタ (LQ/ESC)

PR_GENERIC24_360

10

一般 Epson 互換 360DPI 24-pin プリンタ (LQ/ESC)

PR_GENERIC24_203

11

一般 Epson 互換 203DPI 24-pin プリンタ (LQ/ESC)

PR_EXTECH_2

12

Extech 2 インチ

PR_EXTECH_3

13

Extech 3 インチ

PR_ONEIL

14

O'Neil MicroFlash

PR_DYMOCOSTAR

15

DymoCoStar label printers

PR_SEIKOLABELWRITER

16

Seiko LabelWriter printers

PR_EXTECH_4

17

Extech 4 インチ

PR_SIPIX

18

SiPix A6 プリンタ

PR_CITIZEN_203

19

Citizen 203DPI プリンタ

PR_ZEBRA 20 Zebra Cameo, Encore and QL-320
PR_BROTHER 21 ブラザー工業 MW-100
 PR_CANONBJ300 22 Canon BubbleJet 300 dpi


Port - 以下の中から1つのプリンタポート選択:

定数

説明

PORT_COM1

0

Com1: シリアルポート

PORT_COM2

1

Com2: シリアルポート

PORT_LPT

2

LPT: パラレルポート

PORT_IR

3

赤外線ポート

PORT_COM3

4

Com3: シリアルポート

PORT_COM4

5

Com4: シリアルポート

PORT_COM5

6

Com5: シリアルポート

PORT_COM6

7

Com6: シリアルポート

PORT_TOFILE

8

ファイルへ出力 "\OUTPUT.PRN"

PORT_NETPATH

9

Print to 共有プリンタ接続 PC - H/PC Pro, H/PC 2000 と PocketPC2002 のみ

PORT_IP

10

ネットワーク IP プリンタ - IP アドレスを持つプリンタ - H/PC Pro, H/PC 2000 と PocketPC2002 のみ

PORT_SOCKETCOM

11

Socket PNC Bluetooth カードサポート

PORT_ANYCOM

12

LinkEvolution アダプタサポート(Anycom "BlueCard" ソリューション)

PORT_COM7

13

Com7: シリアルポート

PORT_COM8

14

Com8: シリアルポート

PORT_COMPAQ

15

C Compaq Bluetooth iPAQ または sleeve

PORT_BELKIN 16 Belkin Bluetooth CF カード
PORT_COM9 17 Com9: シリアルポート


Baudrate - 以下の中から 1 つのボーレート選択 (S_DONTCARE または、PORT_LPT か PORT_NETWORK ポートの全ての選択肢を使用できます)::

定数

説明

S_DONTCARE

0

LPT または ネットワークプリンタポートを使用

S_4800

0

4800 bps

S_9600

1

9600 bps

S_19200

2

19200 bps

S_38400

3

38400 bps

S_57600

4

57600 bps

S_115200

5

115200 bps




SetupPaper

このメソッドは主な用紙設定を設定します。

MFC Syntax: long success=PrinterCE1.SetupPaper(long PaperSize,long Orientation, float PaperWidth,float PaperHeight,float LeftMgn, float TopMgn,float RightMgn,float BottomMgn);

C++ Syntax: PrinterCE1.SetupPaper(long PaperSize,long Orientation, float PaperWidth,float PaperHeight,float LeftMgn, float TopMgn,float RightMgn,float BottomMgn,long* success);

eVB Syntax: success=PrinterCE1.SetupPaper (PaperSize, Orientation, PaperWidth, PaperHeight, LeftMgn, TopMgn, RightMgn, BottomMgn)


パラメータ

success - 成功なら True を、そうでなれば False を戻します。
PaperSize - 以下の中から 1 つの用紙サイズ選択:

定数

説明

vbLetter

1

レターサイズ用紙

vbA4

2

A4 paper

vbB5

3

B5 paper

vbLegal

4

リーガルサイズ用紙

vbCustom

5

カスタムサイズ用紙(PaperWidth と PaperHeight パラメータ参照)




Orientation - 印刷方向

定数

説明

vbPortrait

1

縦モード

vbLandscape

2

横モード




PaperWidth, PaperHeight - PaperSize=vbCustomの場合使用される用紙の幅と高さ。最大値:22インチ、56cm、32000(ScaleMode単位で)twips.

LeftMgn, TopMgn, RightMgn, BottomMgn - 印刷ページに使用される余白 (ScaleMode 単位で)

SetupPrinterOther

このメソッドは印刷オプションの「その他」の諸々を設定します。

MFC Syntax: long success=PrinterCE1.SetupPrinterOther(long FFSetting,float FFScroll, long Density, long Handshake, long BitFlags, long Compressed, long Dither, long DraftMode);
C++ Syntax: PrinterCE1.SetupPrinterOther(long FFSetting,float FFScroll, long Density, long Handshake, long BitFlags, long Compressed, long Dither, long DraftMode,long* success);
eVB Syntax: success=PrinterCE1.SetupPrinterOther (FFSetting, FFScroll, Density, Handshake, BitFlags, Compressed, Dither, DraftMode)


パラメータ

success - 成功ならTrueを、そうでなればFalseを戻します。
FFSetting- 以下の中から1つの用紙送り設定選択:

定数

説明

FFEED_NORMAL

0

それぞれのページの終わりにプリンタはプリンタへの fromfeed コマンドを送ります。

FFEED_PAPERHT

1

PrinterCE は選択された用紙高さまでプリンタをスクロールします。

FFEED_SCROLL

2

PrinterCE はページの最後の印刷部分から " FFScroll " の距離分、用紙をスクロールします。




FFScroll - FFSetting=FFEED_SCROLLの場合のスクロールする距離(ScaleMode単位内)

Density - 印刷濃度の濃い/薄い

定数

説明

DENSITY_EXTRALIGHT

0

薄く印刷

DENSITY_LIGHTER

1

やや薄く印刷

DENSITY_NORMAL

2

標準の濃さで印刷

DENSITY_DARKER

3

やや濃く印刷

DENSITY_EXTRADARK

4

濃く印刷




Handshake - シリアルポート(COM1またはCOM2)選択時のみ有効 - シリアルポートスピードを定義:

定数

説明

SOFTWARE_HANDSHAKE

0

Xon/Xoff を使用

HARDWARE_HANDSHAKE

1

ハードウェアコントロールラインを使用

NO_HANDSHAKE

2

シリアルポートのハンドシェークなし




BitFlags - 種々のビット設定(または 複数):

◆ BITFLAG_AUTOSPEED (0x01) - Canon BJCプリンタとその他の64バイトのプリンタで(赤外線)バッファサイズを2040バイトに修正します。これは幾つかのプリンタでIRハードウェア不互換を修正します。

◆ BITFLAG_IRADJUST (0x02) - 赤外線調節 - デバイスの赤外線ポートドライバにおける問題で、特定のプリンタへの赤外線ポート経由での印刷に問題のある幾つかの Windows CEデバイスがあります。赤外線接続を確立中にハングアップ(動作しなくなる)場合は、赤外線バッファ調節を試してください。著しく印刷速度が低下する事があるので、必要が無ければこのアイテムをチェックしないでください。

◆ BITFLAG_COLOR (0x04) - 色 - HP PCL、Canon BJCそしてEpsonプリンタ選択でカラー印刷を可能にします。

◆ BITFLAG_CMYONLY (0x08) - CMY 3色カラー印刷 - 黒色インクを持たないカラープリンタ

◆ BITFLAG_SINGLETHREAD (0x40) - PrinterCE は印刷に通常2つの(別々のプロセス)スレッドを使います。 BITFLAG_SINGLETHREADを選択する事で強制的にPrinterCEは1つのスレッドを使います。


Compressed - 印刷のデータ圧縮モードを選択します。:

定数

説明

COMPRESSED_OFF

0

圧縮技術使用なし(印刷スピード遅い)。

COMPRESSED_ON

1

知られている圧縮を全て使用




Dither - イメージ変換のディザ または拡散技術を選択します。:

定数

説明

DITHER_OFF

0

色拡散を使用

DITHER_ON

1

ディザリングを使用




DraftMode - (可能な場合)高品質かドラフトモード印刷を選択します。

定数

説明

DRAFTMODE_OFF

0

最高級品質印刷を使用  

DRAFTMODE_ON

1

可能なら低品質だが速い印刷を使用




StatusCheck

この読込み専用プロパティはPrinterCEの現行のスティタスを戻します。

MFC Syntax: long value=PrinterCE1.GetStatusCheck();
C++ Syntax: PrinterCE1.get_StatusCheck(long * value);
eVB Syntax: value = PrinterCE1.StatusCheck

戻り値
value - 4つの可能なスティタス値を指定する整数

定数

設定

説明

vbNoError

0

報告するエラーなし

vbUserCancel

1

ユーザーが印刷ジョブをキャンセル

vbAbortOperation

2

エラーにより直前の印刷操作を終了(ただし印刷ジョブはまだ有効)

vbAbortPrint

3

エラーにより印刷ジョブ終了



追記:
AbortOperationは一時的な物です。"DrawPicture"メソッドが指定されたイメージファイルを見つけられなかった場合、操作は終了され DrawPictureメソッドがに続くStatusCheckをコールがvbAbortOperationを返します。しかし、終了されたDrawPictureコールに成功のDrawText操作が続く場合、DrawText後のStatusCheckに対するコールはvbNoErrorを返します。

TextX

このプロパティは現行のテキスト配置のX座標を戻したり設定したりします。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetTextX();
     PrinterCE1.SetTextX(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_TextX(float * value);
     PrinterCE1.put_TextX(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1. TextX [=value]


パラメータ

value - X座標の整数。次のDrawTextメソッドコールはその次の座標を使用します。(DrawText がそのメソッド内のX座標で無効にしなければ) TextX値は現行のScaleMode単位です。テキストの実際の位置はJustifyHoriz/JustifyVertとRotationプロパティ設定で割り込まれます。

追記:
TextXとTextYはテキストの次の行に動かす為にDrawTextコール後に自動的に調節されます。自動のテキスト複数行印刷を許可します。移動量はテキストのFontSize(ポイントサイズ)に依存します。移動方向はRotationプロパティ設定に依存します。

TextY

このプロパティは現行のテキスト配置のY座標を戻したり設定したりします。

MFC Syntax: float value =PrinterCE1.GetTextY();
     PrinterCE1.SetTextY(float value);
C++ Syntax: PrinterCE1.get_TextY(float * value);
     PrinterCE1.put_TextY(float value);
eVB Syntax: PrinterCE1. TextY [=value]


パラメータ

value - Y座標の整数。次のDrawTextメソッドコールはその次の座標を使用します。(DrawText がそのメソッド内のY座標で無効にしなければ)TextY値は現行のScaleMode単位です。テキストの実際の位置はJustifyHoriz/JustifyVertとRotationプロパティ設定で割り込まれます。TextYは上余白設定から測定されます。

追記:
TextXとTextYはテキストの次の行に動かす為にDrawTextコール後に自動的に調節されます。自動のテキスト複数行印刷を許可します。移動量はテキストのFontSize(ポイントサイズ)に依存します。移動方向はRotationプロパティ設定に依存します。


AsciiCE2 - どんな Ascii プリンタへも素早くテキスト印刷

AsciiCE2コントロールはPrinterCE SDKに含まれ、ASCIIテキスト文字列やデータやコントロールファンクションのWindows CEまたは Pocket PCデバイスからAsciiプリンタへの直接の送受信する機能を提供します。磁気カードリーダーやスマートカードリーダー機能のある適切なプリンターと共に仕様すると、AsciiCE2コントロールはそれらのカードリーダーからデータを読み込むメソッドを提供します。(以下参照)

AsciiCE2は基本的なASCIIプリンタへの高速テキスト出力、ディレクトプリンタコントロールとプリンタから送られたデータの読み込みを提供しますが、複雑なグラフィック、TrueTypeフォント、オブジェクト描画とPrinterCEのバーコード印刷許容範囲は失われます。 AsciiCE2とPrinterCE限度内で同時に使用することが可能です。AsciiCE2ファンクションはeVBとeVC(MFC/CEとC/C++) からアクセスが可能です。

注意:AsciiCE2はPrinterCEの元々のAsciiCEコントロールを拡張します。 AsciiCEは無変更のPrinterCE内で常に探されているので、AsciiCEを使用する全ての存在するアプリケーションは以前と同じように動作します。ただし、AsciiCE2はAsciiCEの全てのメソッドとプロパティとその他にも多くの機能を提供します。



"Hello World" eVB example using AsciiCE2: このデモはAsciiCEを使用した簡単な例を説明します。これはAsciiCE2、赤外線ポート選択、"Hello World"と"Second Line"の印刷、そして用紙送りと赤外線ポートを閉じます。

   Dim AscPr, success
    Set AscPr = CreateObject("PrEngineCE.AsciiCE2")
    'Select Ascii Printer port values
    success = AscPr.SelectPort(PORT_IR, S_DONTCARE, S_DONTCARE)
    If (success = True) Then
     AscPr.Text "Hello World" & vbCrLf & "Second Line"
     AscPr.FormFeed
    End If
    AscPr.ClosePort
    ' Done with the port for now




PrintDC - PrinterCE SDK に含まれる機能

PrintDC SDKは標準Windows印刷プロセスを厳密にエミュレートしたPrinterCE DLL (PrEngineCE.dll)からエクスポートされた印刷関係機能のセットです。 PrintDCはWindows CE C/C++/MFC開発者がWindowsからアプリケーションをインポートするのだけでなく、標準Windows印刷プロセスに精通している開発者をも助けます。 PrinterCEコントロールは多くの印刷が必要なWindows CEアプリケーションへの多くの利益を提供するので、PrintDCは既存のWindowsアプリケーションから印刷機能を運ぶタスク速度を早めます。アプリケーションはPrintDCとPrinterCEを同じ印刷タスク内で両方とも使用することができます。従って、例えばアプリケーションは既存の印刷コードを素早く変換するためにPrintDCを使用し、GIF、JPG、PNGやBMPファイルのサポートを迅速に追加する為にimage-printing機能を使うなど、PrinterCEの特別性能を使用できます。

標準Windows印刷プロセスをできるだけ厳密にエミュレートするために、PrinterCEのようにActiveXコントロールではなく標準エクスポートDLLのセットとしてPrintDCを使うよう設計する必要があります。これはeVBからのPrintDCの使用を妨げますが、C/C++.MFCアプリケーション内でのeVC.VCCEの簡単な使用を提供します。 PrintDCの機能は厳密にWindows CE HPCとHPC/Pro印刷機能をエミュレートします。 PrintDCはPrinterCE SDKの一部で、PocketPC、PsPC (v2.11)、HPC/ProそしてHPC 2000デバイス上で動作します。※PsPC、HPC/Pro、HPC 2000デバイスについては現在はサポートされておりません。

Downloading & Using PrintDC SDK:
PrintDCを使用するためには以下の表から次のものをダウンロードしなくてはなりません。:

PrintDC.h - PrinterCEからエクスポートされたPrintDC機能を定義するファイルを含む。
PrEngineCE.lib それぞれのWinCEプラットフォームとプロセッサファイルのためのファイル。リンクプロセスが見つけるようそれらをデスクトップ上の"LIB"ディレクトリにコピーします。そしてeVCプロジェクト内のそれぞれのプロセッサにこのパスを追加します。:プロジェクト メニュー → 設定 → リンク タブ → オブジェクト/ライブラリ モジュール リスト
PrEngineCE.dll それぞれのWinCEプラットフォームとプロセッサに。それぞれのプラットフォームのPrinterCEインストーラをダウンロードしインストールを実行し、デバイスにPrinterCEを登録してください。

   PocketPC & PocketPC 2002
PrintDC デモ
注意:PrinterCEもダウンロードしインストールする必要あり!
PrintDC デモ
PocketPC
PrinterCE SDK PrinterCE
Pocket PC
PrintDC LIB ファイル ARM    MIPS
SH3
x86em
Download PrintDC.h - PrintDC機能を定義するためにアプリケーションに含める。
PrintDC デモソースコードのダウンロード



PrintDC デモ & ソースコード:
PrintDCを実際に動かしたり探求するのに最も良いのはPrintDC デモとPrinterCEをダウンロードする事です。 このデモはPrintDCがどのようにフォントやテキスト特性、テキストの印刷、オブジェクト描画(直線、三角、長方形)やビットマップイメージを選択するか示しています。 標準Windows印刷コードに精通している人はPrintDC デモ内にあるステップに精通しているはずです。 デモのテキスト部分は文字配列がページサイズ内にフィットするよう正しいフォントサイズを決定しています。 デモソースコードはBMPビットマップファイルを読み込み、印刷するコードを含み、ユーザーへのキャンセルボタン付き"印刷プロセス中"メッセージを表示するためのPDC_SetAbortProc()の使い方を示しています。

PrintDC 印刷プロセスの概要:
以下にWindows CEデバイス上で印刷にPrintCEを用いた典型的なステップを記します。 全てのPrintDC機能は"PDC_ XXXX"と共に用いられる事に注意してください。また標準Windows印刷に精通している人は簡単にこれらのステップを認識するでしょう。

◆ PDC_PrintDlg() - "プリンタを選択してください"ダイアログボックスを示し、プリンタDC(デバイスコンテキスト)とその他のプリンタ情報を返します。
◆ PDC_SetAbortProc() - メインアプリケーションが管理する終了クエリーハンドラを確立する。
◆ PDC_StartDoc() - 印刷ドキュメントを開始します。
◆ PDC_StartPage() - 次のページを開始します。
◆ PDC GDI プリンタデバイスコンテキストへの描画印刷データを呼びます。(以下の機能参照)
◆ PDC_EndPage() - このページの印刷... もしさらに印刷するページがあればPDC_StartPage()にループバックします。
◆ PDC_EndDoc() - ドキュメント終了 - プリンタ接続を閉じます。
◆ PDC_DeleteDC() - プリンタDCを削除します。

Notes:

◆ フォント、ペンやブラシは全て(CreateFontIndirect()などのような)基本機能を使う事で作られます。PDC_SelectObject()内の制限は以下の通りです。
◆ ビットマップとDIBセクションは希望する方法で作られます。 PDC_CreateCompatibleDC()はmemDCを作るのに使われ、イメージはPDC_SelectObject()と"printed"と、PDC_BitBlt()またはPDC_StretchBlt()によってプリンタDC内へ選択されます。ビットマップBMPファイルのメモリへの読み込みとその印刷にPrintDCの使うにはPrintDC_Demoソースコードを参照してください。
◆ 直線描画はPDC_Polyline()によって行われます。
◆ PrintDCとPrinterCEを混合できます。... GIF/JPG/PNG/BMPイメージのようなものを簡単に印刷する為にハイレベルなPrinterCE機能を使う事ができます。


"Hello World" の例:
このデモ機能はPrintDC(全てのPDC_xxx)で"プリンタ選択"ダイアログボックスを表示し"Hello World"と印刷します。本当のアプリケーションの場合は"印刷プロセス中"ダイアログボックスを表示する為(PDC_SetAbortProc()による) AbortProcのように他のアイテムを追加する必要があるでしょう。 AbortProcやBMPファイル読み込みPrintDCによる印刷などを含む、完全なデモ印刷ページを実行するソースコードはPrintDC_Demoを参照してください。

#include "PrintDC.h" //Contains function definitions for PrintDC
// Be sure to download and copy PrEngineCE.lib files (see table above) for each processor
// in each platform and add this to Project -> Settings -> Link -> Object/Library Modules.
//-----------------------------------------------------------------------------
//-----------------------------------------------------------------------------
void PrintDC_HelloWorld(HWND hWnd)
{
   //Initialize PrintDC
   PDC_Init(_T("YOUR LICENSE KEY"));

   // Let user select printer
   PRINTDLG pdlg;
   memset(&pdlg, 0, sizeof(PRINTDLG));
   pdlg.cbStruct = sizeof(PRINTDLG);
   pdlg.hwndOwner= hWnd;
   pdlg.dwFlags = PD_SELECTPORTRAIT | PD_INTHOUSANDTHSOFINCHES;
   if (!PDC_PrintDlg(&pdlg)) return;

   //Get the printer DC
   HDC hPrDC;    hPrDC=pdlg.hdc; //Can also use PDC_GetPrinterDC()
   if (hPrDC==NULL) return;
   //Get printer resolution
   int DPI;
   DPI=PDC_GetDeviceCaps(hPrDC,LOGPIXELSX);

   //Get our margins - stored as thousandths of an inch.since used PD_INTHOUSANDTHSOFINCHES
   // Convert margins to printer units (DPI) and subract physical offsets
   int leftmargin,topmargin;
   leftmargin=(pdlg.rcMargin.left*DPI)/1000 - PDC_GetDeviceCaps(hPrDC,PHYSICALOFFSETX);
   topmargin=(pdlg.rcMargin.top*DPI)/1000 - PDC_GetDeviceCaps(hPrDC,PHYSICALOFFSETY);

   //Lets get started printing
   DOCINFO di;
   PDC_StartDoc(hPrDC,&di);
   PDC_StartPage(hPrDC);

   //Print our text using default font
   LPTSTR lpStr;
   lpStr=_T("Hello World");
   PDC_ExtTextOut(hPrDC,leftmargin, topmargin, 0, NULL, lpStr, _tcslen(lpStr), NULL);

   //We're done... lets finish up
   PDC_EndPage(hPrDC);
   PDC_EndDoc(hPrDC);
   PDC_UnInit();
}





BarcodeCE(追加料金でサポート) - Windows CEでのバーコード
BarcodeCEコントロールはPrinterCE SDKのオプションとして使用可能です。 BarcodeCE全ての印刷タスクに対してのPrinterCEの機能を使い、プログラムではバーコードと他の全てのPrinterCEの印刷性能とを自由に混合する事ができます。

BarcodeCEでサポートされるバーコードは:

◆ Zip+4 Postnet postal code
◆ UPC-A
◆ UPC-E
◆ EAN-13/UPC-13
◆ EAN-8
◆ Interleaved 2 of 5 with optional checksum
◆ Code 39 (3 of 9) with optional checksum.
◆ HIBCC standard format variant of Code 39
◆ Code 128
◆ UCC 128
◆ Code 93
◆ Extended Code 93
◆ Codabar with optional checksum
◆ MSI-Plessey code with Mod10, Mod1010 or Mod1110 checksums

重要な注意:BarcodeCEより先にPrinterCEを作成してください!!


本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
プライバシーポリシー
更新日: