IBS Japan logo
IBS Japan 内検索 help
Reflection X & Reflection Suite for X
PCからUNIXへの優れた接続性

パッケージ概要及び価格一覧表
(2007/4/1 改訂)
•  Reflection X
•  Reflection Suite for X
•  Reflection for UNIX and OpenVMS
•  Reflection for IBM
•  Reflection for HP with NS/VT
•  Reflection for NFS Client

Reflection XはWindows PCから直接UNIXアプリケーションを実行できるだけでなく、WindowsとUNIXのアプリケーションを同時に使用でき、両者間でデータのやり取りも行えます。Reflection Xでは下記の特徴を備えています。
XウィンドウシステムのX11R6.9に準拠
Double buffer、XF86_BIGFONTなど多くのX拡張機能に対応
SpaceBall 5000やSpaceMouse Plusなどの入力デバイスに対応
同時に複数の XDMCPセッションの利用が可能
Xスクリーンのサイズ変更、表示させるモニタの指定などカスタマイズが可能
Xアプリケーション固有アイコンをWindowsタスクバーなどに表示可能
WindowsおよびGnomeのオンスクリーンキーボードを使用し、データ入力が可能

システム管理者は Xクライアント及びデータへの簡易なアクセス手段をユーザに提供する必要性から、PC-UNIX間の強力なコネクティビティソリューションを求めています。数々の賞を受賞しているWRQのReflection Xは、PCXサーバに求められる機能とスピードを備えているだけではなく、他社の製品にはない、Broadwayを上回る真のWeb統合機能を備えています。
主な特徴とメリット
X11R6.9リリースに準拠
XウィンドウシステムのX11R6.9リリースに準拠しています。既存のアプリケーションとの後方互換性を保持しながら、GnomeやKDEなどのXウィンドウシステムのデスクトップ製品のビジュアルユーザインタフェースを強化することができます。
SpaceBall 5000、SpaceMouseモーションコントローラに対応
XInput拡張機能により、SpaceBall 5000やSpaceMouse Plusなどの入力デバイスに対応するようになりました。
WindowsやGnomeからのオンスクリーンキーボードによる入力機能
XKeyboard拡張機能により、ポインティングデバイスとWindowsおよびGnomeバージョン2.x のオンスクリーンキーボードを使用してデータを入力できるようになりました。
複数 Xスクリーンに対応
複数 Xスクリーン機能により、ユーザは1つのサーバインスタンスに対して最多で9つのX画面を関連付けることができます。また、Xスクリーンのサイズを設定したり、Xスクリーンを出力するモニタを選択できます。スクリーンのサイズを指定することもできます。
テキスト、ビットマップの自動貼り付け機能
ビットマップイメージをグラフィックエディタに、またはテキストをテキストエディタに自動的に貼り付けることができるようになりました。
アプリケーション固有の Xクライアントアイコンと構成可能な前景色
Xクライアントのアプリケーション固有のアイコンをXクライアントのタイトルバー、[Alt] + [Tab](Windowsアプリケーションの切り替え)ナビゲーションウィンドウ、およびWindowsのタスクバーに表示できるようになりました。Xマネージャではアイコンの色を構成することもできます。
X拡張機能の強化
XKeyboard(XKB)、Double Buffer(XMB)、XInput、GLX、XF86_BIGFONTなどのX拡張機能に対応しました。
Xプロトコル準拠のXBellへの対応
Xプロトコルで指定した音の高さと長さのビープ音を鳴らすか、またはWindows標準の「アスタリスク」音を鳴らすかを選択できるようになりました。
Xサーバをリセットせずに別のXDMセッションを開始
Xサーバをリセットして終了することなく、別のXDMセッションを開始できるようになりました。
Xクライアントウィザードの強化
Xクライアントウィザードで、REXEC、RLOGIN、SECURE SHELL、PCX$SERVERなど、より多くの種類の接続を作成できるようになりました。また、ホストクライアントの接続確認なしでもすばやくクライアントファイルが作成できるようになりました。
パスワードのキャッシュ
シングルサインオン (SSO)機能により、ユーザはユーザIDと、パスワードをWindows APIに直接渡して、さまざまなホストへの安全な接続を認可することができます。
SSH接続でのフォント取得
「ファイル転送を使用」オプションが追加されました。これにより、ユーザは安全な SSH接続を要求するホストからフォントをダウンロードできます。

●製品の仕様
HOME|会社概要|取扱商品|サポート|お問合せ|販売代理店
本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
プライバシーポリシー
更新日: