IBS Japan logo
IBS Japan 内検索 help

WATCHPORT/P
USB接近物感知センサー

Watchport/Pは、サーバールーム、キオスク、倉庫、生産工場といったミッションクリティカルな環境で、0.5〜1.5mの範囲内で接近物を感知するUSBセンサーです。Watchport/Pには 独自の「管理ソフト」が付属しており、デバイスのステータスや過去のデータログを1ヶ所から集中管理し、またWatchportセンサーを複数簡単に追加できるため、システムの拡張が簡単に行えます。管理ソフトは、カスタマイズが可能ですので、一定の条件を超えるような緊急事態が発生した場合、ホストPC画面上に警告表示をしたり、即時Eメールを送るリモート監視が可能になります。センサーはホストPCから304mまで離して使用することが可能です。

ATMやキオスクで、接近物が感知されたらタッチスクリーンを電源オンにするなど、周辺機器の寿命を延長すると共に、共有ワークステーションで自動ログオフに使用することにより、患者データや社員データといった機密性のあるデータへの無断アクセス防止に利用することも可能です。

その他のWatchportシリーズと組み合わせることにより、総合的な24時間体制USB監視システムの構築が可能になります。
特徴
ATMやキオスクで、接近物が感知されたらタッチスクリーンを電源オンにするなど、周辺機器の寿命を延長
共有ワークステーションで自動ログオフに使用することにより、患者データや社員データといった機密性のあるデータへの無断アクセスを防止
WindowsベースのWatchport管理ソフトが付属しています。
その他のWatchportシリーズと組み合わせることにより、総合的な24時間体制USB監視システムの構築が可能。
USB接続のセンサーですので、インストールが簡単、しかも外部電源は不要です。
AnywhereUSBを使用すれば、USB over IPで、IPネットワーク上でWatchportセンサーのリモートモニタリング、リモートコンフィグレーションが可能になります。
サポートOS: Windows 95, 98SE, NT4.0, NT Embedded, CE, 2000, ME、XP, XP Embedded, Windows Server 2003
CAT5 UTPケーブルを使ってベースとセンサー間を152.46mまで延長できます。
使用例
POS - Watchport/Pとその他のセンサーを組み合わせたキオスク
医療 - 看護室でLANを使ったシステム
仕様

モデル番号 Watchport/P
型番 301-1143-01
接近物検知 1.5mまで
消費電力 70mA(最大)
最大ケーブル延長距離 CAT5 UTPケーブルにて152.46mまで
最大USBケーブル延長距離 5m
最大読取レート 5回/秒
最大スイッチング周波数 100Hz
レスポンス遅延 ≦5.0ms(標準)
ベースユニット動作温度 0〜65℃
センサー動作温度 -25〜55℃
システム条件 OS:Windows 95, 98SE, NT4.0注), NT Embedded, CE, 2000, ME、XP, XP Embedded, Windows Server 2003
注)NT4.0での使用にはメーカ提供のNT4.0 USBスタックが動作していること
USBポートが最低1ポートあること
電力供給 外部電源不要(USB電源供給)
センサー寸法 5.0cm(H) x1.8cm(W) x1.97cm(L) 
重量:113.45g
ベースユニット寸法 8.0cm(H) x2.03cm(W) x4.44cm(L) 
重量:85.05g
付属コネクタ USB Type A
認定 FCC Part 15、Class B、CE認定:EN 55022, 55024, 60950、UL 1950、CSA 22.2 No. 950、IEC-950

since 4/22/03
本ページに記載されている商品の仕様・外観・価格は予告なく変更することがございます。予めご了承下さい。
muséa、GFORT、sigmarionはNTTドコモの商標または登録商標です。
会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本ページに関するご意見はWebmasterまでお寄せ下さい。
更新日: